長野計器 製品情報

コーポレートサイト 採用情報サイト
ログイン
以前、Web会員登録されたメールアドレスを入力してログインください。
ログイン
以前、Web会員登録されたメールアドレスを入力してログインください。
ログイン
以前、Web会員登録されたメールアドレスを入力してログインください。
圧力トランスミッタでDC24V電源の4~20mAタイプの配線は どうするのですか? 出力端子が無いように思いますが?

Q&A(よくある質問)

圧力トランスミッタでDC24V電源の4~20mAタイプの配線は どうするのですか? 出力端子が無いように思いますが?

4~20mA DC24V 2線式出力のトランスミッタ(伝送器)の場合は、電源ラインと出力信号ラインが共通になっており、電源ライン上に出力信号4~20mAが乗っております。そのため 電源装置のマイナス(0V)とKH15のマイナス(-)の間にお客様の受信計(直流電流計などの負荷)を接続することになります。電源と信号を別の電線で送る4線式や3線式に比べて配線コスト削減に結び付く事と、ゼロ信号(0mA)の場合の断線検出が可能になります。また電流出力が電圧出力タイプに比べ配線距離による電圧降下による影響が少なく長距離伝送に有利なところ、外来ノイズに強いことで計装信号として一般的に採用されています。